パティシエの頂点になりたいなら専門学校へ行こう!

菓子職人になるには

お菓子

菓子職人を目指す人の進路

スイーツは人の心を和ませてくれます。そんなスイーツを自分の手で作りたい、お客様を笑顔にしたい、という気持ちで将来パティシエになりたいと思う人は多いです。パティシエになる為には、多くの人がパティシエの専門学校に進みます。パティシエの専門学校は、洋菓子作りの技術を学ぶだけでなく、食品学、食品衛生学、栄養学、菓子デザイン、接客術など、洋菓子店などで働く為に必要な知識を身に付けることができます。また、パティシエの専門学校を出ると、国家資格の製菓衛生士の受験資格を得ることができます。仕事をする時に、必ず必要な資格ではありませんが、就職を考えた時には資格を持っていると有利です。この他にも、製菓関連の資格を取得すると、お店を開く時に役立ちます。

学校によって特色は様々

パティシエを目指す人の為の専門学校はたくさんありますが、学校によって特色が違います。洋菓子だけを専門的に学ぶ学校もありますし、パンや和菓子など、幅広く習得出来る学校もあります。どちらが良いかは、将来自分がどんな道に進みたいかによって違うので一概には言えません。パンや和菓子まで習得しておけば、将来の就職先を洋菓子店だけでなく、パン屋や和菓子店まで幅広く考えることも可能です。ただし、洋菓子のエキスパートになりたいというはっきりとした夢があるのだったら、洋菓子を専門に学べる専門学校がおすすめです。どんな専門学校を選ぶかは、将来の自分の希望と合わせて、その専門学校の卒業生がどこへ就職しているか、なども考慮してみましょう。

コーヒー

夢を実現するために

お客さんがくつろげるような空間を提供するカフェで働きたい人が増えています。そんなカフェで働くためには、専門学校でバリスタやラテアートなどの資格や技術を取得しておくと有利です。

ウーマン

世界にたった一つの作品

ポーセリン(磁器)とアート(芸術)を組み合わせて作られた造語が「ポーセラーツ」。真っ白な磁器に好きな柄を貼りつけて焼き上げます。完成した作品は勿論日常使いの食器として使えます。大阪にはカルチャーセンターやサロンスタイルなど、様々な形の教室がありますので、あなたにあった教室を探して下さい。

食器

仕事帰りのリフレッシュに

意外と歴史の浅いポーセラーツですが、転写紙を使うことで絵を書くことに抵抗のあった方にも気軽に始めやすく人気が出ました。大阪、駅から徒歩5分以外にサロンが複数あります。ランチやディナー、ティータイムがついているサロンもあるので休日のひとときをゆっくり過ごせます。